218

走り慣れた道だからこそ

by
Hikaru
Hikaru
こんばんは!お久しぶりになりました。

案の定、先月はGWが終わってからまったくもってイニシャルをする時間が取れず...笑

今月に入ってからボチボチと行動を再開、今日は久しぶりにTA修行できました(^v^)


秋名湖右周り


碓氷左周り



間隔こそ空いていましたが、意外と秋名湖の右周りでは一発でSPを獲ることができました。

まぁⅠ型FDで散々走ったので驚いてはいないんですが...今回のTAの奥深さを量りみれば思わず嬉しかったり。


ただ問題は碓氷...。ある程度の難しさは覚悟していたつもりだったのですが、思いのほか沼にはまってしまいました...。

Ver.1だったらステアリングの切りすぎペナルティに気をつけさえいればSPは安定して出せたのですが、それが根底から変わったVer.2ではむしろ「巻き込み」「アンダー」に気をつけなければいけませんでした。

最初は全開で突っ込んでドリフトで曲げていく(であろう)、いわゆる「ランカー走り」を参考にしようと思ったけれど、自分の腕では曲がっていかず壁ドン...。

途中から真似事はやめて、地味にブレーキングで荷重移動をしてオールドスクールなドリフトに徹して詰め始めました。

こうなると後はライン取り、ブレーキングポイント、アクセルワーク...それらすべてをタイム短縮に向けてのベクトルに合わせること、そして自分自身の集中力の闘いになってきました。

そして時間貸しの本当にギリギリのワンチャンでSPを達成!その前の秋名湖で一発SPが出来たことが時間的に助けになりました。笑


ここで改めて思うのが「走り慣れた道だからこそ、自分の実力が分かってしまう」ということでした。

碓氷はVer.1のころから大好きなコースで、色々な思い出がありすぎるくらいで、Ver.2でもイケるっしょ~という思いでした。

でも現実はそんなに甘いもんでもなくて、「お前まだまだだな」と道に教えられるレベルでダメダメでした...。

ただこれを乗り越えてのSPですから、個人的にはむちゃくちゃ価値があるもとだと思っています。

それにSPへたどり着くまでの過程で、ブレーキの使い方、アクセルワーク、立ち上がり加速のつけ方、フェイントの大きさ...などなど、得られるものは本当に数多くて、勘違いもあるかもしれないけど自分自身の成長につながったと確信しています。

次は同じコースの右周りから。また新しい発見があることを願ってやみません。


TA修行の前にはちょっとだけ全国対戦にも顔を出しました。

今日は望外にいい感じで行けてたようで、マッチングは参考外とはいえ5連勝もできてしまいました。

しかしながら終盤は焦りからミスに引っかかってしまい、とどめは86GT特有の「磁石」...。

原因はなんとなく頭では分かっているけれど、現状の自分の実力ではいかんともしがたいという見方が大勢です。

ただ最近の動画や、TA修行の場で隣り合わせだった人のプレーを見ていたのですが、どうやら86GTに限らず乗り手次第でどの車にもチャンスが...!?

Twitterのリストを見て「86GT万歳!」をガン見していたので面食らった感じではありますが、今後は自分にとって乗りやすい車を相棒にして挑んでみるのも改めてアリだなと感じました。


それでは、また報告の機会まで!
更新日時:2019/06/08 22:25
(作成日時:2019/06/08 22:25)
コメント( 3 )
桜神
桜神
6月8日 23時21分

今日はありがとうございました!

Hikaru
Hikaru
6月8日 23時33分

あっ!こちらこそお世話になりました☺
走りグズグズで申し訳ないですが…また当たったらよろしくお願いします🙇

桜神
桜神
6月9日 9時10分

よろしくお願いします(笑)

コメントするにはログインが必要です
シェア