353

時空を超えたバトル!荒れくれし狼(前編)

by
孝二
孝二

ルクス(⁉︎)
ルクス「孝二さん、気をつけてください!赤城の時には封印してたせいか分かりませんでしたが彼女も孝二さんと同じネオオリジンマスターです‼︎」
拓海「ネオオリジンマスターてなんだ?」
ルクス「ネオオリジンモードを覚醒させた者達の総称です。」
聖龍「なにその中二心くすぐるネーミングは(゚o゚;;」
ルクス「恐らくエミリアのネオオリジンは『荒れくれし狼』、その名の通り荒れくれたような挙動でコントロールが難しいネオオリジンモードですがてなづけてさえしまえばとんでもないペースを発揮するポテンシャルを秘めたネオオリジンです。」
涼介(だが裏を返せばそれ程タイヤを酷使した走りを要求されるオリジンという事…ここは一か八か俺が東堂塾戦で藤原にしたアドバイスをしてみるか…)
涼介「荻原ひとつ提案がある一本目はネオオリジンモードを20%に抑えて走ってみてくれ。厳しいバトルになるだろうが北条先輩の課題をクリアしたお前なら出来るはずだ。」
孝二「分かりました」
エミリア「あはは!まさかこの姿で君とバトル出来るなんてね。言っておくけどこの姿の僕は赤城の時とは一味違うよ?勝負は僕を引き離すか僕がスピンorクラッシュ、それか僕が君を狩る、つまり僕が君を抜くまで続くエンドレスバトル!さて君はどこまで僕のネルフから逃げれるかなぁ?さあ始めようか!時空を超えたバトルを‼︎」

銀狼の
  
エミリア
「この銀狼のエミリアが本物の狩りを見せてあげるよ!」

vs銀狼のエミリア1本目
 

孝二(赤城の時とは比べ物にならない位のプレッシャーだ…こんなやばい奴相手にネオオリジンモード20%以内で戦えって冗談きつすぎるだろ⁉︎でも涼介さんの事だきっと何か考えがあるに違いない!)
エミリア(どうしたのかな?せっかくの狩あいなんだし本気で逃げてくれなきゃ困るよ〜それともまだネオオリジンモードの挙動に慣れてないのかなぁ?あはは)
<コツン>
嘲笑うかのようにエミリアのネルフのフロントバンパーが暁月MRのリアバンパーに軽くフレンチキスをする
孝二(くっとんでもない圧だ…伊達に様々な時代のドライバーを相手にしてきてないってことかよ⁉︎)
暁月「マスター、焦らないで…普段通りの走りをすればこの狭い峠での追い抜きは滅多に無いわ!」

孝二「サンキュ暁月…こういう時こそ心頭滅却しなきゃな…」
孝二(そして涼介さんと凛さんの公道サーキット理論を実践する…それだけを考えて走る‼︎)
それを意識し始めた途端に安定した走りを取り戻す暁月MR
一方で安定感を取り戻した暁月MRを抜こうと躍起になりながら隙を探っては幾度と追い抜きを試みるネルフオリジン
エミリア「むぅ…狩れそうで狩れない!何なのさ⁉︎このジレンマは‼︎」
孝二「ふう…なんとか一本目は凌げたな…」
暁月「マスター、お疲れ様でもすぐに2本目が始まるわよ!」
孝二「分かってる。バトルが終わるまで気を緩める気は無いよ」
孝二(それにちょっとでも気を緩めたら一気に喰われるだろうしな…)
エミリア「次の2本目こそ絶対に狩ってやる!」
銀狼のエミリアタイム

暁月&孝二タイム


次回「時空を超えたバトル!荒れくれし狼」(後編)


暁月MRの指定タイムが突破でき次第また上げます!
更新日時:2019/06/07 21:33
(作成日時:2019/06/06 11:42)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア