122

コーナリング時の体制

by
JunK_X0
JunK_X0
はじめまして。
今回はコーナリング時に気づいた事があったので備忘録として執筆します。

今まではコーナリング手前で減速からアクセルでドリフト体制にはいるのが良いと思っていました。
しかし、たまにできるドリフト体制でコーナーに入る時の方が少しばかり速くコーナリングできるようです。
詳細なやり方はまだ解析出来ていませんが
上手く成功するとコーナー大分手前で急に斜め45度くらいに車体を傾けながらほぼ直進(緩やかに曲がる)する挙動を取ります。
おそらく普段する減速のタイミングの違いで挙動に差が出てるみたいなので、もう少し模索してみます。

今後も精進します。
ではまた。
更新日時:2019/05/12 20:32
(作成日時:2019/05/12 20:32)
コメント( 1 )
底辺のCCO
底辺のCCO
5月13日 0時7分

CCOです。毎回のコメントすみません。
ドリフト体制からの進入についてですが
D4時代から基本操作テクの一つであるアンキャンが原因だと思います。一瞬ブレーキ全踏み後アクセルONで単にドリフトだと言うプレイヤーさんもいますが。
アンキャンを入れる時に気をつけたいのが進入時に入れるタイミングですね。合わないと入力されず外壁に突っ込んでしまうので。
投稿テーマ以外の話ですが、最近TAやって全開で通るコーナーをタイヤが鳴らないくらいの開度で走ったら後半のタイヤ摩耗が減りタイム更新できました。どうやらアクセル開度と立ち上がり時のアクセルの戻し方が重要なのかなと思います。
駄文失礼しました…

コメントするにはログインが必要です
シェア