211

DZeroは、スポーツではありません。

by
スターダスト~★ミ
スターダスト~★ミ








頭文字Dアーケードステージを、D7から初めて、


楽しいはずの、ゲームにお金を使って、ストレスを貯めてします。


たかが選択権すら、公平に出来ない仕様に・・・


そんな、自分が嫌になりました。


今日から、ゲームはスポーツの様に、


公平を求めてはいけない事を・・・


悟りました。


スポーツは公平だけど・・・


明日から、気分を変えて、ゲームを楽しむ様に努力します。



どうしても楽しめないなら、引退します。









 
更新日時:2019/02/10 19:19
(作成日時:2019/02/10 19:06)
コメント( 5 )
5件のコメントを全て表示する
スターダスト~★ミ
スターダスト~★ミ
2月11日 0時12分

レス有り難うございます。

D8には、良い思い出しかありません。

DZeroの楽しい所を探しなが、楽しみます。

しの
しの
2月11日 12時39分

スポーツが公平だと言うならばDzeroも公平でしょう
野球やサッカーなどのスポーツでも対戦である以上、ルールを守った上で相手の嫌がることをし続けますし、先攻後攻などは毎回決まっているものではありません
スポーツもゲームも「公平」とはもっと基礎的な部分です
スパイクやボール等の道具はきちんと規定によって決められ、個人の腕や感覚によって多少の差はあれど公平になるようになっています
Dzeroも誰がプレイしても後ろの車にはブーストがかかり、前の車はタイヤが溜まりやすくなる等はきちんと規定で決められ、個人の腕や感覚によって多少の差はあれど公平になるようになっています

要するに誰が100円をいれてもDzero(道具)は同じですし、この時点で公平です
腕や感覚の差は公平とかそういう問題ではありません
選択権もスポーツの先攻後攻も結局は確率によって決まっているものですから、そこまで公平にしたいとなると無理がありますね
あなたが3戦連続で選択権が来ないと嘆いてる時、相手は5戦ぶりの選択権に喜んでいるかもしれないんですよ?

スターダスト~★ミ
スターダスト~★ミ
2月11日 21時49分

コメント有り難うございます。

自分がコース選択したら、次は、相手が選択

相手がコース選択したら、次は、自分が選択

単純に、選択権は、順番で決まると思い込んでいました。

コメントするにはログインが必要です
シェア