127

コラボ遠征を物語にしてみた! FEED編

by
瑠偉@180SX乗り
瑠偉@180SX乗り
昨日コラボ遠征を完全制覇したので今回も前回のコラボ遠征同様に物語にしてみます!
相変わらずシナリオ構成下手くそですがそれでも良ければ見てくれると嬉しいです(^^;
もちろんフィクションですw
それではどうぞ!


前回秋名でMCRのR34GT-Rを撃破した瑠偉と美海
その時に秋名を走り込んでた為、たまには別のコースを走ろうという話になり、秋名から赤城に場所を移して走っていた
その走り込みの休憩中での話
瑠偉「いや〜前に秋名でMCRのR34GT-Rとバトルした時は流石は魔王号だけあってめちゃ速かったよね~(^^;」
美海ちゃん「そうだね〜! 私もあの時は精一杯の走りだったもん(^-^;」
瑠偉「俺も同じだよ(^^; 勝てたのがラッキーだった(^▽^;)」
美海ちゃん「ほんとだよね~! あ、瑠偉君今回は180SXなんだね!(^^)」
瑠偉「そう! 前は色んな車使ったから今度はメインの180SXで行こうかなって思って(^O^)」
美海ちゃん「今度瑠偉君の180SX運転してみたいな〜(*´ω`*)」
瑠偉「180SX結構癖があって難しいけどね( ̄▽ ̄;)」
美海ちゃん「そうなんだ! でもかなり苦戦してるって言ってたもんね~!」
瑠偉「最初よりは大分マシにはなったかな〜 まだ全然乗りこなせてないけどね…(^^; 完全に乗りこなせるように頑張らないとだな!」
美海ちゃん「お互いに車を完璧に乗りこなせるように頑張ろうね!(*´▽`*)」
瑠偉「そうだね、頑張ろう! さて、秋名から赤城に来て走ってるけど秋名よりは赤城の方が走れるかな~」
美海ちゃん「秋名より赤城の方が瑠偉君はTAのタイム速いもんね〜!」
瑠偉「でも1セクは苦手だな~(^^; 1セクさえ行ければどうにかタイムは縮められるけど(^ω^;)」
そんな話をしてたらとある走り屋の話が耳に入って来た
とある走り屋1「そう言えばさぁ、赤城にあの藤田エンジニアリングのFDが来るって噂らしいぜ」
とある走り屋2「藤田エンジニアリングのFDってあの峠最強伝説に出て魔王号になった車か?」
とある走り屋1「そうそう、1度見てみたいよな〜」
その話を聞いてた瑠偉と美海
瑠偉「まじか、藤田エンジニアリングのFDが赤城に来るのか!」
美海ちゃん「そのFDも魔王号って言ってたよね? 魔王号って1台だけじゃないんだね(^ω^;)」
瑠偉「大会ごとで優勝する車も変わるからね~、藤田エンジニアリングのFDは確か2014年に優勝して魔王号になったはず!」
美海ちゃん「そうなんだ! じゃあそのFDが来た時のためにまた走り込もうか! ん?瑠偉君、あの車見たことない?」
瑠偉「あの青いS2000の事? 確かにどっかで見たかも… あ、秋名で会ったメカニック石井さんじゃないかな?」
美海ちゃん「あ〜! ホントだ! また私達とバトルしたいみたいだよ?」
瑠偉「もちろんこっちはOKだ! それじゃあバトルしようか!」
美海ちゃん「よーし、頑張るぞ~!」
こうして秋名同様にメカニック石井と下りでバトルすることになった瑠偉と美海
結果は2人ともメカニック石井を撃破
その後あんどろいど、DZero弟子とも出会い、下りでバトルをして2人とも撃破することが出来た
瑠偉「秋名でMCR号に勝ったから楽々勝てると思ったけど序盤、中盤はぴったり付いてくるし追い抜かれるよな~( ̄▽ ̄;)」
美海ちゃん「やっぱりイニDZero開発者さん達上手いね〜(^^; それに前に追いつき過ぎちゃうと視界が遮られちゃって難しいよ~(><)」
瑠偉「確かに、でも俺達は終盤が勝負だから序盤、中盤は我慢だね(^^;」
今までのバトルを振り返っていると、とある赤い車が瑠偉達の前に現れた その車は見覚えのある車だった
美海ちゃん「瑠偉君! あの赤いR34ってもしかして!」
瑠偉「あ! 小林さんだ!」
その車は、秋名で死闘を繰り広げたMCRのR34だった
小林氏「やぁ、瑠偉君、美海ちゃん、久しぶり」
瑠偉「お久しぶりです小林さん! 秋名でバトルして以来ですね(^^)」
美海ちゃん「赤城でも会うなんて思わなかったです!」
小林氏「ははは、俺もだよ 瑠偉君は今回180SXなんだ」
瑠偉「そうですね、前は小林さんに合わせてR34でしたけど本当は180SXがメインなんですよ!」
小林氏「そうか、合わせてたのか あ、せっかくこうしてまた会えたんだ、良ければまたバトルしないかい?」
瑠偉「いいですよ! 是非バトルしましょう(^^)」
小林氏「前は下りでバトルしたから今度は上りでバトルしないかい?」
美海ちゃん「OKですよ! 瑠偉君もいい?」
瑠偉「もちろん、俺も大丈夫ですよ! それじゃバトル始めましょう!」



こうして再会したMCRの小林氏とバトルすることになった瑠偉と美海

美海ちゃん「やっぱり相変わらず速いね、小林さんのR34!」
瑠偉「上りだと馬力の差がかなり出る… 離せない…!」

小林氏「上りは馬力がものをいう こっちの方が有利だ!」
RB26パワーをフルに使う小林氏
美海ちゃん「っ! なんて加速…!」
瑠偉「流石はRB26、600馬力以上はあるかも…!」
美海ちゃん「けど私達は後半が勝負、まだ諦めない!」

食いつく瑠偉と美海、3セク後半で前に出て、軽さが有利のコーナーで勝負をかける瑠偉と美海 そのままMCR号の追撃を振り切り見事勝利した
小林氏「流石だね2人とも 上りだし勝てると思ったけどそう甘くはなかったな」
瑠偉「いや〜小林さんのR34は馬力が結構あるので苦戦しましたよ(^^;」
美海ちゃん「速すぎて勝てるのかなって焦りました(^ω^;)」
小林氏「いや~まいったまいった 見事だね そうそう、藤田エンジニアリングのFDが赤城に来るって話は聞いたかい?」
美海ちゃん「直接は聞いてないんですけどその話はちょっと耳にしましたよ〜!」
小林氏「あのFDはコーナーがとにかく速いからね、もしバトルすることになったらちょっと覚悟しておいた方がいいかもね」
瑠偉「そうですね、動画で見ててもあの速さはやばいですからね、用心しておきます!」
小林氏「それじゃ俺はこれで帰るよ 今日はありがとう またどこかで会おう」
瑠偉、美海ちゃん「こちらこそありがとうございました!」
こうして4人とバトルして全勝出来た瑠偉と美海
次回、藤田エンジニアリングのFDは赤城に現れるのか…
続く

はい、下手くそシナリオに加えてまた文字多めになってしまいましたが前半はここまでです!
また後で後編も投稿します!
ご視聴ありがとうございました!
更新日時:2018/07/02 05:24
(作成日時:2018/07/01 18:02)
コメント( 1 )
瑠偉@180SX乗り
瑠偉@180SX乗り
7月1日 18時59分

wsp7overtopさん
ありがとうございます(^^)
他の物語を投稿してる人には内容は勝てないので自己満ですw
wsp7overtopさんのシナリオはネタがあって面白いですねw
魔玉は笑いましたww

コメントするにはログインが必要です
シェア