490

関西圏に御住まい、又は実家持ちの方へ

by
孝二
孝二
まずは関西圏に御住まいの方へ、
まずは自分の安全を確保してください。
周りの方と声を掛け合って行動してください。
ビルやマンションにいる方は余震の可能性もあるため直ちにその場から
離れるようにしてください。
繰り返しますがまずは自分の安全をしっかりと確保してください。
自分の安全がしっかりと確保できた上で家族や知り合いの安否確認を
してください。
余震が起きても一人でパニックになって行動せず、落ち着いて周りの方々と
協力して行動してください。
ラジオでの情報などは逐一チェックする様にして、決して一人での行動などはお止めください。
ビルの下などにいる方は鞄などで頭を防ぎながら避難してください。
それと深夜の余震も考えられるので現在は決して一人で過ごさず集団で過ごし、声を掛け合って慌てず行動してください。

次に山岳部に御住まいの方々へ
東北の古くからの言葉に「津波てんでんこ」という言葉があります。
意味は「家族や知り合いの心配をするよりも先にまずは自分の安全を確保する」と言う昔からの東北に伝わる言い伝えです。
津波と土砂災害の違いだけで根本的な意味は全く変わりません。
なのでまずはしっかりと自分の安全を確保する事に専念してください。
避難所にいる方は余震が完全に弱まるまで決して家には帰らないで下さい。
東日本大震災の時のほとんどの犠牲者が「強い余震や津波などは来ない」と思い込んで自宅に戻った方がほとんどです。
土砂災害も同じです。特に現在は雨で地盤が緩んでいるため土砂災害の確率が非常に高くなっております。
山岳部に御住まいの方々は地盤が安定し余震が落ち着くまで
決して自宅には戻らないようお願いします。

最後に関西圏に実家持ちで遠方に出張中又は上京中の方々へ、
直ちに会社に報告して家族の安否確認が出来るまでの休暇をもらってください。
その後間隔を置いて何度も家族の安否を確認が取れるまでおこなってください。
それと今実家に帰郷するのは非常に危険ですのでお止めください。
戻って家族や知り合いの顔を見てしっかりと安否の確認をしたい気持ちは
痛いほど分かりますがあくまでも安否確認のみに留めてください。
なお、安否の確認方法ですが、出来るならメールではなく電話の方が間違いないので電話での安否確認を強くおすすめします。(電話での安否確認は
東日本大震災時での自らの経験上に乗っ取っての確認法です。)
テレビやラジオでの情報などは逐一チェックする様にして下さい。
再三言いますが決して帰郷しようなどとは考えないでください。
非常に危険です
関西の方々の安全を切に願っていますm(__)m
東日本大震災の時は関西の方々に助けていただいたので今度はこちらが助ける番と考えてます。 
更新日時:2018/06/18 20:06
(作成日時:2018/06/18 19:27)
コメント( 16 )
16件のコメントを全て表示する
あまぁ〜^
あまぁ〜^
6月19日 18時27分

震度1あったかないかくらいだぞです。

孝二
孝二
6月19日 18時33分

あまぁさん
あまり被害なかったんですね😃
それは何よりです✨

孝二
孝二
6月20日 12時25分

今天気予報見てましたが大阪の方も雨が凄くて地盤が緩んでるみたいですね
山岳地帯に住んでる方は本当に気を付けてくださいねf(^_^;

コメントするにはログインが必要です
シェア