106

自分の考えるイニD 第九章

by
零夜
零夜
第九章
 
第1話 「死神」
箱根 下り 夜 霧 ローリングスタート
 
設定 夜…霧の中の箱根を走っていると後ろから一台のR32がプレイヤーの背後にそしてコーナーに差し掛かろうとした瞬間リアバンパーに追突され姿勢を崩すが…なんとか立て直したプレイヤー
しかし、32は抜くこともなく背後についたままバトルへ
 
第2話 「香織」
箱根 下り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 以前の死神32の正体は北条 凛だった
そして、遭遇したプレイヤーにバトルを吹っかける勝負は一本 逃げ切れれば勝ちだが逃さないという言葉を残しバトルへ
 
第3話 「カリスマ復活」
プロジェクトD 高橋 涼介 SAVANNA RX-7 ∞Ⅲ FC3S(VS北条 凛仕様)
赤城 下り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 プレイヤーは涼介に赤城で待っていると連絡を受けて赤城の頂上に着くそこには一台の見慣れないFCがあったそしてその横には涼介の姿が…
プレイヤーに一人の走り屋として自分のケジメをつけると言いバトルへ
 
公道列伝
箱根 下り 夜 晴れ 通常スタート
特別BGM FOREVER SAD / HELY
プレイヤーはSAVANNA RX-7 ∞Ⅲ FC3S(VS北条 凛仕様)を使用しバトル
 
※この列伝をクリアするとFOREVER SAD/HELYがレースBGMとして使用可能に

今日2on2の全国やってたけどなかなか勝てなかったワンランク上の相手だった 
と言うのも碓氷でブロックしてたけど甘くて前結構取られたのもあるしいろは坂はかなり壁ぶつけてました
取り敢えず、今日の全国でまた課題が出来たからそれを意識して走りを改善しなきゃいけませんね

 
更新日時:2018/03/11 21:05
(作成日時:2018/03/11 21:05)
カテゴリ
ネタ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア