79

自分の考えるイニD 第七章

by
零夜
零夜
第七章
 
第1話 「ゴットアーム」
パープルシャドウ 城島 俊也 S2000 AP1
筑波 往路 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 筑波へ来たプレイヤーはパープルシャドウの城島と星野の二人と出会う
プレイヤーは二人にバトルを申し込む
 
第2話 「ゴットフット」
パープルシャドウ 星野 好造 SKYLINE GT-R V・specII Nur BNR34
筑波 復路 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 城島の負けを目の当たりに驚く星野だがそれと同時にプレイヤーとのバトルを楽しみにしていた
 
第3話 「ダウンヒルエース」
プロジェクトD 藤原 拓海 SPRINTER TRUENO GT-APEX AE86(プロジェクトD前期仕様)
筑波 往路 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 パープルシャドウとのバトルを前にプラクティスをしているとプレイヤーと遭遇
プレイヤーにバトルを申し込む
 
第4話 「ヒルクライムエース」
プロジェクトD 高橋 啓介 efine RX-7 Type R FD3S(プロジェクトD後期仕様)←ほとんどのパーツがRE雨宮 ホーイルはSSRのブロンズ
筑波 復路 晴れ 夜 通常スタート
 
設定 プレイヤーが見たのは大改造を施したFDだった啓介はプレイヤーにバトルを申し込む
新しくなったFDで啓介どこまで成長したのか?
 
公道列伝
プロジェクトD 藤原 拓海 SPRINTER TRUENO GT-APEX AE86(プロジェクトD前期仕様)
筑波 往路 夜 晴れ 通常スタート
特別BGM m.o.v.e/DIVE INTO STREAM
 
プレイヤーはefine RX-7 Type R FD3S(プロジェクトD後期仕様)を使い拓海とバトル
 
※この列伝をクリアするとm.o.v.e/DIVE INTO STREAMがレースBGMとして使用可能に
更新日時:2018/03/07 21:56
(作成日時:2018/03/07 21:56)
カテゴリ
ネタ
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア