165

自分の考えるイニD 第五章

by
零夜
零夜
第五章
 
第1話 「カミカゼダウンヒル」
セブンスターリーフ 末次 トオル EUNOS ROADSTER NA6CE
もみじライン 下り 昼 晴れ 通常スタート
 
設定 もみじラインへとやって来たプレイヤーはトオルと出会う
トオルはプロジェクトDとのバトル前に肩慣らしをしたいと思いプレイヤーにバトルを申し込む
 
第2話 「全開ヒルクライム」
セブンスターリーフ 川井 淳朗 SKYLINE 25GT-TURBO ER34
もみじライン 上り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 トオルの負けを知り敵討ちをする為プレイヤーにバトルを申し込む
 
第3話 「ブレーキングの達人」
東堂塾 二宮 大輝 CIVIC TYPE R EK9
塩那 下り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 塩那峠に来たプレイヤーは東堂塾と出会う
東堂塾のOB達は大輝にプレイヤーとバトルしろと言われバトルすることに
 
第4話 「FFターボを操る男」
東堂塾 スマイリー酒井 INTEGRA TYPE R DC2
塩那 上り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 大輝の仇を取る為プレイヤーにバトルを申し込むVTECにターボは世間じゃ邪道と言われるが走ってみればわかるという言葉を残しバトルへ
 
第5話 「プロジェクトDの頭脳」
プロジェクトD 高橋 涼介 SAVANNA RX-7 ∞Ⅲ FC3S(プロジェクトD仕様)
八方ヶ原 往路 昼 晴れ ローリングスタート
 
設定 東堂塾OBのレーシングドライバーとのバトルを前に涼介自らFCをだしてコースを走っているとプレイヤーと遭遇
 
第6話 「ブラインド・アタック」
東堂塾OB 館 智幸 CIVIC TYPE R EK9
八方ヶ原 復路 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 プロレーシングドライバーとしてスランプに陥っていた館 智幸は東堂社長からプレイヤーに大輝と酒井が負けた事を伝えそのプレイヤーと公道バトルをしてみろと言われる
 
公道列伝
秋名 下り 夜 晴れ ローリングスタート
プロジェクトD 藤原 拓海 SPRINTER TRUENO GT-APEX AE86(プロジェクトD前期仕様)←これからカーボンボンネット装着
特別BGM EXPRESS LOVE/MEGA NRG MAN
プレイヤーはIMPREZA WRX type R STi Version V GC8を使用し拓海を追う
 
※この列伝をクリアするとEXPRESS LOVE/MEGA NRG MANがレースBGMとして使用可能に

このシリーズ投稿やっと半分
D8の公道ってタイムアタックとかあったから結構長かった記憶がありますね
更新日時:2018/03/04 19:52
(作成日時:2018/03/04 19:52)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア