101

自分の考えるイニD 第四章

by
零夜
零夜
第四章
 
第1話 「峠の王者ランエボ」
エンペラー 岩城 清次 LANCER RS EVOLUTION Ⅳ CN9A
いろは坂 下り 昼 晴れ 通常スタート
 
設定 プレイヤーがいろは坂に走りに来たところ頂上で清次と京一に偶然出会う
清次はプレイヤーとのリターンマッチをさせて欲しいと京一に言って許可をもらいバトルへ
 
第2話 「本物のバトル」
エンペラー 須藤 京一 LANCER GSR Evolution Ⅲ CE9A
いろは坂 下り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 プレイヤーに夜になったらまた来いと言われた通りに夜に来ると頂上で京一が待ち構えていた
京一は「始めよう本物のバトルってヤツをな!」と言いバトルへ
 
第3話 「インベタのさらにイン!!」
小柏 カイ MR2 G-Limited SW20
いろは坂 下り 夜 晴れ 通常スタート
 
設定 須藤京一を負かしたプレイヤーの噂を聞いて頂上に着いたプレイヤーと遭遇しバトルを吹っかける
 
第4話 「冬を制する者(前編)」
プロジェクトD 高橋 啓介 efine RX-7 Type R FD3S(プロジェクトD前期仕様)←フロントバンパーとリアウィングのエアロパーツとホイールがMAZDASPEED
秋名(雪) 上り ローリングスタート
 
設定 季節も冬になり峠も雪がかなり積もっているが涼介は走り屋にシーズンオフはない!と啓介にスノーロードを走り込む様に言い
腕を磨く為、啓介は雪の積もる秋名へと向かいプレイヤーと遭遇
 
第5話 「冬を制する者(後編)」
プロジェクトD 藤原 拓海 SPRINTER TRUENO GT-APEX AE86(プロジェクトD前期仕様)←レース用エンジンを搭載 ボンネットはノーマル
秋名(雪) 下り ローリングスタート
 
設定 プロジェクトDのドライバーとして活動する決意をした拓海は冬の秋名を走る
そこへプレイヤーと遭遇
新しくなったハチロクでプレイヤーに挑む。
 
公道列伝
秋名(雪) 下り ローリングスタート
特別BGM m.o.v.e/strike on
プレイヤーはSPRINTER TRUENO GT-APEX AE86(プロジェクトD 藤原 拓海仕様)を使用し御木を追う
この列伝をクリアするとm.o.v.e/strike onがレースBGMとして使用可能に

普通にm.o.v.eの曲を色々、追加して欲しいと言うのが本音です

もちろんユーロビートもそうですが
更新日時:2018/03/02 21:17
(作成日時:2018/03/02 21:16)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア