139

自分の考えるイニD 序章

by
零夜
零夜
前の投稿で言ってたんですが
D6の頃の疾走感がPS4であったらいいなと思ってたら

色々、自分のイニDを頭の中で製作するようになってきました。(ハッキリ言えば妄想)

自分の考えるまず公道最速モード(ストーリー)
基本、原作再現
多分、章毎に投稿すると思います
まず序章

第1話 「ドッグファイト」
赤城レッドサンズ 高橋 啓介 efini RX-7 Type R FD3S(レッドサンズ前期仕様)←でかいリアウィングのついたやつ
コース 秋名湖 左回り 夜 晴れ ローリングスタート

設定としては拓海と最初にバトルしてちぎられてから秋名を走り込んで拓海を探してる時にプレイヤーと走りながら出会ってそこからバトル

第2話 「究極のとうふ屋ドリフト」
藤原とうふ店 藤原 拓海 SPRINTER TRUENO GT-APEX AE86(藤原とうふ店仕様)
コース 秋名湖 右回り 夜 晴れ ローリングスタート

秋名湖のホテルにいつも通り配達終わってもう帰る頃にプレイヤーと走りながら出会ってバトル
この頃には啓介とバトルは終わって中里とバトルする前と言う設定

第3話 「俺のハチゴー」
秋名スピードスターズ 武内 樹 COROLLA LEVIN SR AE85(まだターボ付けてない頃)
コース 秋名 下り 昼 晴れ 通常スタート(横に並んでカウントスタート)

設定 拓海と一緒に走りにきて樹からバトルに誘われる

第4話 「秋名の仲間達」
秋名スピードスターズ 健二 180SX TYPEⅡ RPS13
コース 秋名 上り 昼 晴れ 通常スタート

設定 池谷と走りにきて走り込みがひと段落してバトルに誘われる

第5話 「地元の意地」
秋名スピードスターズ 池谷 浩一郎 SILVIA K's S13
コース 秋名 下り 昼 晴れ 通常スタート

設定 健二とプレイヤーのバトルを見て池谷もやる気が出てバトルへ

第6話 「本物のドリフト」
タイムアタック 紙コップの水をこぼすな!
コース 秋名 上り 昼 晴れ 通常スタート

設定 池谷がプレイヤーに拓海が紙コップの水をこぼさないでドリフトをすると言う話をしてプレイヤーにも出来るのでは?と言ってやることに

第7話 「コーナー三つで失神事件!」
タイムアタック 池谷を失神させろ!
コース 秋名 下り 昼 晴れ 通常スタート

設定 プレイヤーの走りを見て勉強したいとお願いされて助手席に乗せてあげて走ることに
ワクワクする池谷だが…

序章はこれくらいですかね
D8と全く一緒なところやD6とちょっと混ぜたストーリーになってますが序章をこんな感じで自分の考えるイニDシリーズ投稿をすると思います

コメは自由にどうぞ
ここはこれもあったらいいみたいな意見とかあればどうぞ

妄想失礼しました。
更新日時:2018/02/25 23:00
(作成日時:2018/02/25 22:13)
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
零夜
零夜
2月25日 22時22分

野良猫さん
多分、それだったら絶対逃げれない設定にされそうですがww

ロンリードライバー
ロンリードライバー
2月26日 7時6分

啓介の変態下品初期ウイング、インプ純正ウイング、カプチクソでかウイング並みにしゅき( ̄▽ ̄)

零夜
零夜
2月26日 15時5分

ロンリードライバーさん
インプの純正ウィングは自分も好きです

コメントするにはログインが必要です
シェア