160

東京オートサロン2018 Part3

by
MOLA_350
MOLA_350
今回は13日に行ってきた東京オートサロンのお話Part3です


Sd-01 Prototype


一見分からないがSANO DESIGNのボディキット装備のNDロードスター

INTEC S2000


BANDO CARBON JANKIE 86

ウェッズスポーツのブースで展示されていた530馬力のパワーを有するカーボンボディの86。筑波では55秒台の記録を出したらしい

AUTO GARAGE HKY スープラ


マスタング Hoonicorn RTR Ver2

65年型マスタングをベースに製作されたドリフトマシン。エンジンはNASCARで使用される6.7リッターV8エンジンを搭載。メタノールを燃料とする特製ツインターボチャージャーを搭載し1400馬力の驚異的なパワーを発生させるという

HKS ZN6 TRB-03

HKSが手掛けたタイムアタック仕様の86。760馬力のパワーを有することもそうだが大形のリアウィング,フロントスポイラーも強烈なインパクトを与える1台と言えよう(車名についてはレーシングバトルに倣い型式名+開発コードとしています)

HKS ZC33S TRB-04

今年創設45周年を迎えるHKSが手掛けたタイムアタック仕様のスイフトスポーツ。「筑波最速のFFを目指す」というテーマのもとに製作されたとのことだがそのポテンシャルやいかに?

RE雨宮 コスモスポーツ 13B

ロータリーエンジンの神様として知られるRE雨宮が手掛けたコスモスポーツ。13Bロータリーエンジンを搭載し排気系はRE雨宮ワンオフの物を採用。ミッションはSA22Cのものを使用しテールランプはRE雨宮オリジナルの物を装備する

RE雨宮 CRAZE7


ガレージ力 370Z

ガレージ力が「楽しく遊べるZ」をコンセプトに製作したZ34。ボンネットとトランクはカーボン化されエアロはings製のものを装備

ガレージ力 GT-R

ガレージ力が「大人のGT-R」をコンセプトにスタイリッシュ&スポーツに仕立て上げられたGT-R。外装はVOLTEXのエアロキットを装備

VARIS EVO10 WIDE BODY

VARISがエボⅩファイナルエディションをベースに製作したマシン。このマシンは6年ぶりにVer.2として開発されたもので2017年SEMA SHOWでワールドプレミアしたものをアメリカから空輸し展示していたとのこと。パワーは800馬力に達し今後HKSプレミアムデイでタイムアタックに挑むらしい


R.F.Y NSX

R.F.Yamamotoが手掛けたNSX。とにかくサーキットを走るのが好きというモータースポーツファンに向けた現実的なチューンを提唱しタイムアタック,レースといった一瞬の速さよりも「長く楽しめる車」を目指したという。ところでこの車,ベース車は92年型NA1 NSXと書いてあったりしたのだが「NA2に見せかけてNA1」というNSXだったりするのだろうか?

NarrowStyleConcept S2000

CSOが手掛けたワイドフェンダー化は行わず「究極のナロースタイル」をコンセプトに仕上げられたS2000。ワンオフ品は一切使用せずすべてのユーザーが手に入れられるパーツのみで構成。エンジンについてはタペット調整を頻繁に行った以外基本ノーマルらしい



全3部に渡ってお送りしましたがいかがでしたでしょうか?今後またこういうイベントに行く機会があったらこういうものを書いてみようかな?とか思ってます
更新日時:2018/01/17 22:31
(作成日時:2018/01/17 22:20)
カテゴリ
日記
コメント( 2 )
Kazki.M87
Kazki.M87
1月17日 22時28分

湾岸でコスモ使ってるから、実車はどんなだろと写真見たけどカッコいいなぁd(^-^)

すばりす人
すばりす人
1月18日 1時44分

GTS800とケン・ブロックマスタングは最高やな

コメントするにはログインが必要です
シェア