246

カスタムカーの見本市!! 東京オートサロン

by
よっちゃん( 'ω' و(و "
よっちゃん( 'ω' و(و "
毎年この時期になると、筑波ではスーパーラップが行われ、雪降る地域ではスノーラリーが行われる。冬のモータースポーツ。

でもまぁ大半のモータースポーツがシーズンを終了し、来シーズンへの調整や昨シーズンの総括が入るのが普通。

しかーし、実はチューナー達は大忙し!!

毎年この月になると正月休みを削ってまで参加するイベントがあるのですよ!!

それがこちら

東京オートサロンです!!

ド派手なカスタムカーとすごーくえっちなおねーさんとクソ警察さんのボーナス稼ぎの場である東京オートサロン(以下TASとします。)

そんなTAS、1回行ってみたいものですね(田舎民苦痛の叫び)

今回はTASの魅力と、展示されているカッコイイクルマをご紹介致しましょう!!




1983年
optionの創刊者  稲田大二郎が「暴走族等のせいでチューニングカーが悪とされている世の中にメスを入れ、チューニングカーの市民権を獲得する」という趣旨のもと、東京エキサイティングカーショーというイベントをドーム館で開催されたのが事の発端。
その後、第5回大会より東京オートサロンと名称変更され、晴海会場に移転。さらにその後有明会場に移転された後に、現在の幕張メッセに移ります。

大会は3日間行われ、初日はプレステージという企業向けのイベントを行い、二日目から本番。一般客の入場により更なる盛況を魅せます。


そしてその熱は遂に公式も動いた!!
1995年に日産がBCNR33型スカイラインGT-Rを新車発表した事を皮切りに各メーカーがこぞって出品するようになります。
さらにこの熱は海外メーカーにも伝わり、2000年以降の大会は海外メーカーや海外チューナーが展示するといった事案になるほど。

東京モーターショーがだんだん人の入りも少なくなり、過疎化している中TASは、どんどん規模を拡大し一大マーケティング会場となっております。


そんな東京オートサロンを盛り上げているのがカスタムカーおねーさん

ド派手なカスタムカーとおねーさんの2ショットを取りに行くために参加するカメコも多いんだって!!

まぁ、ルール位は守れよ…。


というわけで次からは今年のオートサロンの車とおねーさんを紹介します!!(9:1で車の方が多いけど)




NATS 50カムリ
今年の学生さんも凄かった!!
毎年奇抜なアイデアとクルマで人を魅了するこのブース。日本自動車大学(NATS)の学生が卒業論文を提出するようにこんな感じで作ります。

そんなNATSの今年の作品の1台がこのカムリ
オッサンカーと呼ばれる50カムリを若者向けにリファインし、ホールデン・コモドアからインスピレーションを経たピックアップスタイル!!
あ、いつも通り車検には通してあるんだって。




風間オート S15シルビア Daiスペシャル
TASの発端者で元祖最高速親父の暴走機関車 稲田大二郎が長年愛用した180SXをとある事情(Option読者ならだいたい察しがつくであろう)で廃車にしちゃったので、代わりに作ったのがコレ
風間オートのエアロで身を包み、エンジンは前の相棒であった180SXから移植
ストリート思考の大ちゃんにしては珍しく、ごちゃごちゃしたのが嫌いで追加メーターがほとんど無し!!

ご本人もご満悦でございます(^ω^)



トミーカイラ コンセプトR
チューナーの世界で知らない人はいないであろうトミーカイラ
しかし、最近はあんまり活動してなかったのですが10年振りに復活宣言
詳しいスペックはまだ発表されていませんが、全長2メートル超えのド迫力ボディキットはプロトタイプのR35のラフスケッチをイメージしているのだとか…。
あ、今年の冬にコンプリートを発売するらしいです。



RISING S30ドラッグVer.
ストックボディで最速のドラッグマシンを…というコンセプトで作られたこのZ
コンパニオンもいないのにめちゃくちゃ人が群がっていた理由はこの造形美

傍から見ると「ただのロールバーとシート」ですが、変態から見るとドチャシコレベル!!

だってほぼ溶接痕が無いんですよ!!
普通は溶接棒を溶かすため、ぷっくり膨れた溶接痕が残るのですが…コイツは溶接棒を使わず母材(スチール)のみでTIG溶接。付き合わせがカンペキでないとここまで綺麗にならない(というか外れやすくて危ない)んで、まさしく造形美
ドラッグ最高速、頑張ってください!!




ダイハツ 
今年のダイハツのコンセプトは「白・青・赤」
白は優雅やエレガント、青はアクティビティやレジャー…となると赤は…?と思ったそこのあなた。
このコラムを読む変態さんならもう分かったであろう赤いダイハツ

そう、シャレード デ・トマソ ターボのこと
なんと今回、市販は1台だけとはいえ4台赤いダイハツ出品されていたのですが、全ての原点はコイツ



三枚目のBoonは既にデリバリーされているものの、ダイハツの投票で決まったクルマがが来年市販化が約束されているのだとか…(よくわからん)




アップガレージ S13シルビア

応募総数500台の愛車自慢コンテストで見事優勝を飾り展示されたのがこのシルビア
オーナーの女性(写真の方)が言うにはスワロフスキー8万粒が貼られているって言うもんだからびっくり。
しかも、この女性の趣味はドリフトで、実際このままドリフトしているって言うんだからなお驚き。
実用的ながらド派手なドリ車でございます。



​​R31House MOTUL・R31​​​​​
世界初のR31ドリフトカーを作ったのがR31House
RB30改3.4Lのターボ仕様でMAX1000馬力

レギュレーションに囚われないクルマとして作成され、早速海外のイベントに登場予定だとか。



Libertywalk ランボルギーニ ミウラ…?
毎度毎度大盛況のリバティーウォーク
今年の新作は…え、ミウラ?
流石に加藤社長も「(ランボルギーニから)絶対怒られるww」って呟いちゃったほどなのですが…違和感ありませんか?
実はこれフォードGT40(レプリカ)ベースの極シャコタンスタイル
いつも斬新な事をするリバティーウォーク。今年も台風の目になること間違いなし!!




ということでいかがだったでしょうか?
今年がこんなに派手だから来年はもっと凄い事になるのでは無いでしょうか?











お  ま  た  せ  ♡



じかいもおたのしみに
更新日時:2018/01/14 23:39
(作成日時:2018/01/14 23:39)
コメント( 2 )
野良猫にゃん娘(Dzeroゆるふわ勢)
野良猫にゃん娘(Dzeroゆるふわ勢)
1月15日 0時34分

こうやってレポート見てると若者の車離れって本当?って思えちゃうぐらいけしからん。
(最後の巫女さん眺めつつ)

Kazki.M87
Kazki.M87
1月15日 0時58分

う~ん、ええのぅ、たまらん!ww(最後の巫女さん眺める)←オイ

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア