75

目に見えない何か

by
桜神
桜神
D3から、
今、現在迄
頭文字Dのアーケードにはお世話になっていて

ずっと速さを求めていたけど
昨日の全国対戦で
俺、なんか気付かされた気がする。

初めは、タイムアタックとかで
ランキングに入りたくて
速さを求め
見ている周りの人達は
タイムに目がいきがち
でも
タイムアタックには
別の観点がある気がするんだ…

レベルが高くないから
あまり言えないけど
多分、
あの余計なタイム感は
技術をあげるためのものだと思う。
全体のコースの中で
区間、区間ボーダータイムがあることに
疑問を感じてた。

低速からの侵入
要所要所でのブレーキング
からの
次に繋げる高速の立ち上がり

簡単そうだけど
多分
簡単にはできない

だから、
今日レベルの高い人と戦ったことで得たのは
速さより、ブレーキングやコーナー出る速度の踏み込み
あとはアクセルワーク

速さだけを求めたらどれかが、かける

ブレーキングをミスすれば壁にぶつかるし
進入スピードが早ければ出口はきつくなる

タイムアタックの本当の意味
それは、速さより
行う全てが
誤差のないタイムで
ブレーキングのタイミング
進入スピード
タイヤのグリップor減り具合

取り入れる事で
速さもついてくる気がする。

真の速さや強さは

技術という引き出しがあるかないか
そして、
プラスの何かがある

それが、
今日俺が思ったことでした。

所詮ゲームだけど
ちょっと視線変えてやってみる
事にします(笑)
 
更新日時:2018/01/08 02:03
(作成日時:2018/01/08 01:58)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア