151

本格的!夢のクルマプロジェクト

by
よっちゃん( 'ω' و(و "
よっちゃん( 'ω' و(و "
(え、別ゲーの話だろうって?知らねぇよそんな大人の事情。)

皆さんは夢のクルマというものを想像したことがあるでしょうか…?

クラシックカーの再販。旧車のリブート。スポーツカーの最上級を超えた究極のグレード。空を飛ぶクルマetc...。

そんな車が好きだろうが嫌いだろうが子供の頃に1度は皆想像したことがあるであろう夢のクルマ。

しかーし、現実的な理由でソレらは日の目を見ることなく妄想のまま閉ざされ、いつしか忘れられるもの…。

 

そんな夢のクルマを自動車メーカーがやったら…?



それが今回ご紹介するプロジェクト
 

ビジョン グランツーリスモです

今回はこの各メーカーが売上や競走に囚われず自由に制作する「GT」について御説明致します。


兼ねてからグランツーリスモでは自動車会社とコラボを重ね、次元という名のを超えたクルマを作成してきました。

そんなグランツーリスモのプロデューサー山内一典は2013年にGT6を発売した際に各メーカーへ「あなた方の想像するGT(グランツーリスモ)を形にしてみないか?」と各自動車メーカーに問いかけます。
それが今日に繋がるビジョングランツーリスモの発端となりました。

そもそもGTとはどういう意味なのでしょうか…?

GTとはグランツーリスモグランドツーリングという意味を持った自動車用語で、その意味は長距離ドライブや突っ速いレーシング等様々な意味を持っています。

そんなGT各メーカーが思う形にするのがこのビジョングランツーリスモなのです。
縛りという縛りは無く、原則として現代技術で製作可能という項目さえ守れば自由に描けるというもの。
まさに自動車メーカーが行う夢のクルマプロジェクトというものです。

更に、このGTという答えに辿り着くためには何台製造しても良いというものも存在し、複数台用意するメーカーも数多く存在します。


そんなビジョングランツーリスモの発表も他のゲームとはひと味違い、モーターショーやオブジェクトとして発表される事が多いので、この活動は自動車メーカーが発表するコンセプトカー祭りというもの。

一体どんなものがあるのか、数が多いので数台に絞ってですがご紹介致しましょう!


Mercedes-Benz AMG Vision Gran Turismo
記念すべき第1弾として発表されたのはベンツAMGが発表したこのクルマ
モチーフは狩りをする大型のネコ科動物というもので、官能的な曲線と力強く隆起した歴代ベンツのプロポーションを纏い登場。
更に、この大きなグリルと真ん中に付いたメルセデス・ベンツロゴ、そしてガルウィングドアは世界的にも有名な300SLを彷彿とさせ、自動車史にその名を残すクラシックカーのリブートと解釈できます。
エンジンはAMG製5.5L V8を装備し、585馬力/800NmというハイパワーながらAMG製スピードシフト7速DCTを採用したため、超軽量ハイパワーながら誰でもプロのように走れるというものに仕上がっております。


三菱 XR-PHEV Vision Gran Turismo
ビジョングランツーリスモ第4弾にして初の日本車として収録されたのがコチラ
WRCで数多くの優勝を果たし、そのノウハウをふんだんに活かしたアスリートフォルムを採用。
その姿は陸上選手がクラウチングスタートする瞬間を彷彿とさて精巧なレーシングマシンに仕上がりました。
ランエボで使われた4G63をベースに作られた特製エンジンと三菱のプラグインハイブリッドEVシステムを両立させたパワートレインは、決してパワフルとは言えませんが8速DCTと四輪システム、ダウンフォースを追求したボディによりハイパワーのスーパーカーに負けない走行性能を発揮
ラリーでもターマックでも誰でもプロのようなコーナリングを決めれます。


マツダ LM55 Vision Gran Turismo
先進技術と原点回帰をコンセプトに第11弾として発表されたのがマツダのコチラ
マツダのロータリーエンジンに栄光をもたらした787Bのリブートであり、改めてル・マン24時間レース完全勝利を狙ったため制作されたLM55は、マツダの魂動スタイルを纏いCカーとして作成されました。
エンジン等のパワートレインは秘密とされながら、エンジン音と787Bへのリスペクトから4ローターターボの可能性が高く、まさに勝つためのグランツーリスモとなりました。


Hyundai N 2025 Vision Gran Turismo
この未来的な外観のヒュンダイは第19弾のビジョングランツーリスモとして製作されました。
空力計算の究極に辿り着いたボディデザインは、あらゆるイレギュラーを取り除き、ヒュンダイのスポーツ部門「N」が開発したヒュンダイが世界に誇る燃料電池システムをふんだんに使用
世界で初めて量産車に搭載されたヒュンダイの燃料電池システムへのリスペクトと世界トップクラスの燃料電池システムへの誇りをかけたこのパワートレインは馬力にすると実に680馬力を発生。
そこに加速用の燃料電池システム、最高速の安定性を補填する用の燃料電池システムを加えたコイツはMAX884馬力を誇り、スリリングかつ安定した世界最高峰のレーシングカーとして生まれました。


"IsoRivolta" Zagato Vision Gran Turismo
日産好きなら誰もが1度聞いたことある名前ザガート
そんなザガートから生み出されたのが第25弾のビジョングランツーリスモは伝説のプロトタイプレーサーイソ・リヴォルタから名前を取り、21世紀のジェントルマン達に興奮を味わってもらおうと開発されました。
ロードカーながらデイトナ500 鈴鹿1000km ル・マン24時間の三つを総ナメにする耐久性と性能を  をコンセプトにイソ・リヴォルタのリスペクトながらザガートがデザインした空力特製に計算を尽くされたマシンはバーチャルの中ながら跳ね馬や闘牛決闘するために出馬します。


ホンダ スポーツ Vision Gran Turismo
ついこの間登場した第28弾はホンダから
NC1型NSXを彷彿とさせるこのスタイルは巷で新型ホンダS2000だのホンダ ZNXだのと呼ばれているマシンの答えとも言えます。
実に『ホンダらしい』このマシンはDOHC-VTECを装備。MR駆動を採用しMAX410馬力は8速DCTで余すところなく駆動を伝え、扱いやすく なおかつ実車らしいこのマシンは後のホンダ車に影響を与えると言われております。



ということでいかがでしたか?
夢のクルマプロジェクト、これからもどんどん発表されるらしいので楽しみです(^ω^)
更新日時:2017/12/23 22:27
(作成日時:2017/12/23 22:26)
コメント( 5 )
5件のコメントを全て表示する
Kazki.M87
Kazki.M87
2017年12月24日 0時12分

デロリアンにゼロクラウン位のエンジンが載ってたらなぁ……ってDMC潰れたんすか!?Σ(゜Д゜)

野良猫にゃん娘(Dzeroゆるふわ勢)
野良猫にゃん娘(Dzeroゆるふわ勢)
2017年12月24日 1時20分

ちょっとまって、こんな記事見つけた。
https://matome.naver.jp/odai/2147704331680869701

とくさん
とくさん
2017年12月24日 18時58分

なんの宣伝wwwww
まあスーパーカー並の性能の車をスバルから出してくれ

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア