236

進化する槍騎兵 其ノ肆 ''究極''

by
よっちゃん( 'ω' و(و "
よっちゃん( 'ω' و(و "
さて、4回にわたり送ってきたこのエボコラムも遂に最終回。

ラストモデルは皆さんご存知第四世代 CZ4A



三菱 ランサーエボリューション X です!!

このスタイルこの重厚感この走り!!
"その進化は、一瞬で次代を抜き去る" というキャッチコピーでこれまでのエボとは違いカタログラインナップされて通常発売されたのも有名な話ですね!

そんなエボXって…一体どんな車?


2007年

ランサーが生産終了し、ギャランフォルティスとしてデリバリーされたその年に、このギャランフォルティスを使用したエボリューションモデルを発表

ランサーの後継車とはいえランサーの名がないランサーエボリューション……ってな感じで、最初は市場に馴染めずぼちぼちでした。

エンジンはそれまで使っていた名機4G63を使用せず、ヒュンダイ、クライスラー、三菱の三社合同開発(ワールドエンジン)の中で誕生。
トルクはMIVECとの組み合わせで、455N-Mに増強

5速MTの他にDCTモデルを用意しているのでAT免許でも搭乗可能
そんなこんなで怒涛の快進撃を魅せた…のですが、なんせ登場した時代が遅すぎる…ってなわけでチューナーの遊び道具になった以外はとくにモータースポーツ等でも目立った話はなく、D1で熊久保がFR化したのを使ったという話以外は有名なのがないという…。

更に、ベースのギャランフォルティスの生産終了。そして元からの課題でもあった売れないという話により生産終了…。っとまぁ味気ないラストを飾ったのでしたとさ…。



ということで、ほぼ水増しの槍騎兵シリーズいかがでしたか?
日産の傘下に入り、ZかGT-Rベースで復活するという噂もありますが、果てさてどうなることやら…。
更新日時:2017/11/29 22:12
(作成日時:2017/11/29 22:12)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア