227

自由に歩く!!!!!!

by
よっちゃん型ウイルス
よっちゃん型ウイルス
さぁ、(一応)ラストコラムを飾る今回は久々のチューナーコラム

自由に歩く!!といえばもう彼処ですよね!



LibertyWalkです!!

最近注目されている高級族車スタイルの発信地
シャコタン・オーバーフェンダーという日本の族車モチーフな彼ら、その自由度は本当に目が離せません!!





愛知は尾張旭市に本拠地を構えるリバティウォーク、この族車スタイルの事の発端は社長である加藤渉の友人がランボルギーニの中古車を買いに来たことから始まりました。

その友人はカスタムを始める前のリバティウォークに「ディアブロが欲しい」と注文。納車して暫く経つと今度はムルシエラゴが欲しいと言い出します。

当然商売なので納車しますが、ノーマルのムルシエラゴに満足しなかった友人は「リアウィング作ってくれ」と注文

なにせ初めてばっかりだったのですがそのリアウィングに合うようにボディキットを制作

そう、それが後のLB★performance(リバティウォークボディキット)の原点だったのです。


その後、2012年にこの車はSEMAを筆頭に世界中のショーに出展
しかし、賞賛を受けるも、なかなかその次に繋がりません。


だったら、昔ながらの日本のスタイルをこのムルシエラゴに施してやろうと思い、翌年SEMA史上最も強烈と言われているマシンが登場します。

これが、LB★Works(シャコタン・オーバーフェンダーを組むエアロ)の原点となります。
これを見た世界中のファンは「日本人はここまでするのか!!」と言わせ、なんとランボルギーニの元会長までこのプロトタイプを大絶賛
その後、日本のチューナーとして初めてランボルギーニから招待を受けるなど評判は世界中でうなぎ登り!!


しかし、ここで悲報が入ります。

その友人の方が天国に旅立ったのです…。

だが、加藤渉は挫けずこれを起点にみんなをハッピーにする自動車屋を目指し今日も商売を続けております。


また、その友人のムルシエラゴにも新たなるオーナーが

D1ドライバー 斎藤大吾です!!

彼が新しくドリフトするベースマシンにランボルギーニを選んだ時、加藤は彼にマシンを託すことに…。

たった数回しか走行していないとはいえその魅力は十二分に伝わり、現在でも世界中のメディアで取り上げられているそうです。

(写真館)









ということでいかがだったでしょうか?
これをもって11月まで休刊とさせていただきます。

ありがとうございました!!
更新日時:2017/10/07 23:45
(作成日時:2017/10/07 23:30)
タグ
日記
コメント( 1 )
野良猫にゃん娘(Dzeroゆるふわ勢)
野良猫にゃん娘(Dzeroゆるふわ勢)
10月8日 6時51分

一瞬、加藤鷹かとおもったw

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア