369

第2話 慣れてきた八方~篇

by
my手帳のN
my手帳のN
  • 八方のコースに慣れて来たら、全国対戦のポイントです。
【往路勝負場所】​​​​​​
八方には、コース中間辺りに長い直線がありますが、
その直前に、いろはそっくりの下り坂の連続があります。
ここはかなりの急勾配なので、急勾配旋回の特性の把握力に差が出ます。
終盤に、バイク免許試験のスラロームに似た区間があります。右➡左➡右➡左
ここは何故か腕の差が出ます。
トンネルの直前の右ヘアピンは、ドリフトコンテストのイベントでは、青色背景で加点ポイントなんですが、全国対戦でドリフトすると、必ず抜かれます。
なので、ここはグリップ➡アクオフがよいかも。
ゴール付近の連続ヘアピンで後ろに居るなら、オーバースピードで突っ込み、相手のラインを乱すのもありですが、無理して前に出たり、相手に急減速されて壁に接触すると、アウトです。その後の直線で強い清算ブーストが掛かるので、チェスの駒を進めるように相手の車が前に出ます。ここは無理厳禁です。
ゴール近くまで混戦した場合、僅差で判定勝ちしていれば最終コーナーで抜けれることがあります。
この時は、必ずアウト旋回です。自分が前に居ようと後ろに居ようと、とにかくアウト旋回です。


【復路勝負場所】
​​​​​トンネル抜けた後に、2回、急勾配の右ヘアピンがあります。急勾配の旋回特性の把握力に差が出ます。
長い直線の後に、いろは逆走に似ている登り連続坂がありますが、最初の右の後の左で差が出ます。長い直線で高い速度から、いかに減速を抑えて最初の右ヘアピンを抜けたかの差が、2番目の左コーナーに出るからです。
4セクの連続ヘアピンは、イン寄せを捨てて、常にアウト側を走っていくように思っていれば速く走れます。
そのあと、緩やかにクネクネした場所がありますが、
ここは直線で走り抜けれます。リプレイを何度か見ている内に直線のラインが見えてきます。
さらにそのあと、ゴール前の最終連続ヘアピンは、前に居るなら相手をガードせずアウトよりに捌いていく方が安全です。
後ろならオーバースピードで突っ込み、相手のラインを乱すのもありですが、壁にあたると、結局その後に強いブーストが相手に与えられます。
ゴールまで混戦でもつれ合いになった場合、内部的に判定勝ちしていれば、最終右コーナーで前にでれることがあります。この時は必ず外側を旋回してゴールゲートの左側柱に向いてややハンドルを左に切ったまま突っ込みます。鼻の先、ゴールできることがあります。
 
  • 往路復路共に、1セク2​​​​​セクがいかに速く走れるかが課題です
※第1話、第2話とも、プラチナユーザー向けです。
D Zero でスペシャリスト・タイムを持っている、速い人達は読み飛ばし下さい。



​​​​​​
​​
更新日時:2017/10/05 12:40
(作成日時:2017/10/05 12:20)
タグ
攻略
コメント( 1 )
my手帳のN
my手帳のN
10月5日 12時34分

因みに八方の走り屋対戦イベントで、強い人が使ってたのはランエボが多かった記憶があります

コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア