776

第1話 初めての八方~篇

by
my手帳のN
my手帳のN
⚫八方を知るための車種選び
ニスモ
32、34、とかは正方形に近いイメージですが、
ニスモは大きくて長方形なので、狭いコース幅に惑わされず、八方の特性を知ることが出来るようになります。

⚫まずは八方のコース選び
いろは坂が好きな人は、八方往路。
赤城が好きな人は、八方復路。

⚫初心者による八方の悪循環

コーナーがブラインドになってる

しっかりドリフトしようとする

車体が深く向き過ぎる

次が逆コーナーなら大きく出遅れ、台形型のコーナーなら、壁に刺さる。

ハンドルカウンターで捌こうとする。

急減速してしまう。

速度を残そうとして突っ込み重視になる。

しっかりドリフトしようとする

⚫八方の特性
コーナーがブラインドになっていて道端が狭いが、コーナー角度自体は浅い​​​​。コーナーの連携が多いので、車体の角度を浅く維持出来る、グリップからのアクオフを挟んでのアクセル全開がポイント
走り込まないと浅いコーナー角度になれないので、全国対戦では、1セクだけで驚く程に差をつけられます。

⚫八方のコースを覚えるコツ
まず、オートマチック・ミッションに切り替えます。
タイムアタックモードで、ブレーキを使わずにゴールまで走り切ります。
常にアクセル・ワークだけで走り切ります。
​​​​​壁に刺さろうと、外側にぶっ飛ぼぅと気にせず走り切ります。
マニュアル・ミッションだと、知らず知らずの内に、
シフトロックを多用してしまい、八方に関しては速度レンジが落ちていることに気付かなくなってしまいます。
どうしてもオートマチックが嫌いなら、
八方に慣れるまでは、コーナー抜けたあとでシフトダウンするようにします。




​​


​​​​​
更新日時:2017/10/05 11:13
(作成日時:2017/10/05 11:13)
タグ
攻略
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
いいね!
シェア