101

第26回オリジンチャレンジ(如月編)土坂復路

by
孝二
孝二



暁月「やっぱり如月ね…」
如月「久しぶりですね。暁月、そしてお初にお目にかかります。暁月のパートナーの荻原アリシア…いえ、荻原孝二よ」
エモーショナルオリジンメンバー全員「⁉︎」
ティクルム(何ですって⁉︎この人…アリシアの正体を知ってる‼︎)
アリシア(暁月の知り合いみたいだけど一体何もんだ?)
聖龍(ただ一つ分かるのはこの人からは凄くヤバいオーラが出てるって事だ…この人は一体⁉︎)
アリシア「俺の正体を知ってるなんてあんた一体…」
如月「先程暁月が言ったはずですが?まあ良いでしょう。暁月の説明では説明不足でしたからね…」
暁月「説明不足ってどう言う事?」
如月「そのままの意味ですよ…私は宇宙四戦将の1人紅の如月…」
全員(宇宙のドライバー⁉︎)
涼介「まさかこんなとこで会うなんてな…」
凛「もう少し荻原のレベルを上げてから挑みたかったのだが、こうなっては仕方あるまい…荻原準備は出来てるか?」
聖龍「勝てるのか?今の俺達に」
暁月「待ってみんな‼︎如月…貴女がただ宇宙に加担するとは思えない…何か理由があるんじゃない?」
如月「理由?そんなの無いですよ。まあ強いて言えばこの時空間を消したらどうなるんだろうって知的好奇心でしょうか。クスクス」
冬馬「なんて人なの?たまに私や私のメンバーもイカれてるかもって思うような行動とるときあるけど、この人のはそれ以上ね……」
啓介「ちっ、こうなったら覚悟を決めるしか無いぜ」
如月「他の皆さんは走る気満々ですよ?あなたはどうするんですか?孝二…宇宙のメンバーである私に勝てなければこの時空間は」
アリシア「嘘だろ?」
如月「?何を言ってるか分かりませんね?」
アリシア「あんたが宇宙の1人って話は本当かもしれない…でも本気で宇宙に加担してるって話はどう考えても嘘だ…」
如月「頭大丈夫ですか?私は本気でこの時空間を消そうとこうしてあなたの前に現れたんですよ?なのにどうして嘘と?」
アリシア「ならなぜ俺が苦手コースを克服出来るスキルを持つまで待ってたんだ?もしあんたが本気で宇宙に加担していて俺達を消そうとしてるならもっと他にタイミングがあったはずだ…例えばもみじラインの時や定峰の時とかな」
聖龍「確かに‼︎孝二さんよく言ってたもんな…もみじライン下りと定峰下りは本当に走りづらいって…もし俺が宇宙に加担してるならここまで成長するのを待つよりも孝二さんが苦手なそのコースで待ち伏せして孝二さんを負かす……」
ロンディオン「それをしなかったと言う事はこの女…あえて孝二のスキルが不得手なコースを凌駕するこの瞬間を待った?」
アリシア「そう。そしてさっきあんたが開口一番に行ったセリフがこれだ」
暁月「?」
アリシア「『土坂往路を攻略したくらいで宇宙と戦える程のスキルが身に付いたと思うな』」
暁月「⁉︎」
アリシア「要するにあんたは最後の上級コース土坂復路で俺にプロレコードを出させる為にここに来た……そうだろ?」
如月「ぷ……………クスクスクスクスあっはっはっはどんな推理ですか?私がここであなたに会ったのは偶然で」
ティクルム「それも嘘ね…どうして嘘かと言うと宇宙の科学では追跡スキルも高いはずだもの…そして貴女もそれを知ってた…ならそれを使えばすぐに私達が行くところに先回り出来てたはずよ?」
如月「………」
暁月「貴女は私のお姉様同然の存在…そして奏にとっても…そんな貴女がなぜこんな事をすると言うの⁉︎」
如月「やれやれ、こうなっては言い逃れ出来ませんね…」
全員「………」
如月「奏お姉様を助ける為です。奏姉様は宇宙に囚われている…けど非力な私ではどうすることもできない‼︎だからこそ…」
涼介「だからこそあえて宇宙内部に入って直接その奏とやらを助けようとしたのか?それでお前の思惑が奴等にバレてお前が消されでもしたらどうするつもりだったんだ?」
如月「もし私が消されても私が奏姉様を助けるために動いてると知ったら奏姉様は」
凛「絶対に喜ばんだろうな…」
如月「⁉︎」
涼介「同感ですね…例えお前が単身1人で敵地に乗り込んで命を落としたとしても奏が喜ぶ事は絶対に無い‼︎」
如月「さっきから言いたい放題言ってくれますね…あなた達に私達の何が分かるのですか?」
エミリア「ところがわかっちゃうんだよねぇ…だって如月達と涼介達の立場は元々同じだったんだもん」
如月「⁉︎元々立場が同じ⁇」
アリシア「如月だっけ?もし良かったら俺のマシンのナビに座ってこのコースの復路で俺がプロレコードを取るところを見届けて貰えるかな?そしてそれが達成出来たらあんたも一緒に信じてくれないか?俺達なら絶対に宇宙に勝てるって……奏を取り戻せるって‼︎」
如月(このドライバー何を言ってるの⁉︎でももしこのドライバーが宇宙に勝てるほどのスキルを身につけれたのなら、もしかしたら‼︎)
如月「分かりました。それでは一つよろしくお願いします」
アリシア(絶対に如月を認めさせる‼︎)
アr孝二(そして奏を取り戻す‼︎)
如月(凄い…このドライバーの想いがひしひしと伝わって来る‼︎彼がアクセルを全開にするたび…コーナーに突っ込む度に‼︎)
ルクス「⁉︎これは⁉︎見てくださいみなさん‼︎孝二さんの体が男性に‼︎」
聖龍「孝二さん元に戻れたんだ!」
涼介「喜ぶのはまだ早いぜ。このTAの意味は如月を認めさせる事。このTAで彼女を味方につけられなければ俺達に未来は無い‼︎」
孝二「これが俺の信念だ…」
如月「……」(まさか本当に自分のスタイルを貫き通してまで苦手意識のあった土坂復路完全に攻略してしまうとは……この人ならもしかしたら‼︎)
タイムリザルト結果
土坂復路
2'41'341

如月「まさか本当に苦手意識のあった土坂復路でプロレコードをとってしまうなんて……暁月、良いパートナーに巡り会えましたね」
そう言って笑った如月の顔は全てを吹っ切れたようだった。
暁月「如月…」
如月「良いでしょう。孝二のスキルを私は認めます。それはつまりエモーショナルオリジンに入ると言う事…だから約束して下さい。必ず奏姉様を助け出すと…」
孝二「当然だろ…奏が暁月や如月にとって大切な存在なら俺達にとっても大切な存在だ。だから絶対に助け出す」
如月「ありがとう。孝二……ですが一つだけ」
暁月「あ……💦」
ルクス「?」<キョトン>
如月「1セクぶつかるポイント間違ってます!2セクのトンネル抜けた先もあえてギアを落としてあげればもっとペースキープして走れたのでは無いですか?
そして3セクもさっきの時と同様にしてればブレーキはいらなかった筈です!決め手はラストセクション…いくら速く走ると言ってもぶつかってはいけないポイントでぶつかるのは明らかなタイムロスです。つまり貴方の走りはグレートなんかじゃ無い…アメイジングです‼︎」
暁月「あーあやっぱり( ̄▽ ̄;)」
ルクス「どうしたんですか?暁月さん」
暁月「如月は昔からこうなのよね…( ̄▽ ̄;)自分が期待してる人間には厳しいって言うか…絶対に妥協したく無いって言うか…
私も如月に怒られてた事なんて日常茶飯事よ」
ティクルム「つまり如月は孝二を期待してる?」
暁月「あのダメ出しっぷりを見てると相当期待してるわね💦」
孝二「そうだったんだ。サンキューな。如月、今度お礼に昔飼ってた猫の画像見せるよ!」
如月(ね、猫⁉︎)(////)カァァ
如月「そ、そんなんでごまかせると思わないでください‼︎………でも猫の画像……その、必ず見せてください……」(////)カァァ
暁月「そして無類の猫好き……」
聖龍「この人…普通に友希那さんとキャラ被ってる…」
如月&友希那『余計なお世話です』
全員(見事にハモってるよ)
暁月「さて!これで全ての上級コースは終わったのね!次はどこにしようかしらマスター?」
孝二「そうだな…七曲りにでも手をつけてみるか?いろはと何と無くリズム似てるし…」
如月「一つ聞いても良いですか?孝二は雪道は走らないんですか?」
孝二「え?走らないけど?てか雪道走ったのってティクルムとバトルした時以来だなぁf^_^;てか雪道あんま得意じゃ無いし」
如月「はぁ…孝二…貴方は馬鹿なんですか?雪道を走りにくいって考えてるのは素人の証ですよ?雪道はハンデではありません」
涼介「それについては俺も如月に同感だな…雪道はハンデなんかじゃ無く最高のトレーニングパートナーなんだ」
如月「そう言う事です。なので次のエモーショナルオリジンの行き先はティクルム達のホームスノウマウンテン(秋名雪)にしましょう。そこで私が良いと言うまで
徹底的に走り込んで頂きます。言っておきますが私は妥協などは絶対許しませんからそのつもりで……」
孝二「仕方ない!テル坊オリジンモードになって俺に簡単にベストt」
オリジン『休息中、休息中』
全員(テル坊のやつ誤魔化したな……)
更新日時:2020/01/09 19:50
(作成日時:2020/01/09 19:48)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア