83

第23回オリジンチャレンジ(岩瀬恭子編)定峰上り

by
孝二
孝二

ルクス「ようやく定峰に着きました〜今日は遅いのでもう休んで明日にしませんか?」
聖龍「そうですねーアリシアさん達はどうするんですか?」
アリシア「少しこのコース走るよ」
紗夜「無理なさらない程度に走ってくださいね」
アリシア「おう!サンキューじゃあ走るか!」
暁月が頷く
そしてかれこれ30本
暁月「ごめんマスターさすがにもう眠くて集中力が…」
アリシア「悪い💦相当無茶させてたみたいだな💦今日はもう寝な、今日は付き合ってくれてありがとうな!またよろしくなd(^_^o)」
暁月「ありがとう、それじゃ今日は切り上げるわ」
アリシア「さてと!もうちょい走り込むかな」

⁇⁇(あれ?見かけない娘だなぁあの娘も走り屋なのかな?ちょっと声をかけてみようっと!)

恭子「ねえ君もこの峠に走りにきてるの?」
アリシア「はい…そうですが?」
恭子「あ、いきなりごめん💦私岩瀬恭子、一応この峠をホームにしてるの。もし良かったら一緒に走らない?」
アリシア「マジすか⁉︎ぜひお願いします‼︎」
恭子(変わった口調‥ひょっとしてヤンキーの娘なのかな?)
恭子「言っておくけど勝負するからには本気で行くからね!私と同じ女の子なら尚更負けられない…だから君も本気で来て‼︎」
そう言いながらFDのエンジンをかける恭子
<ドゥルルル……………………プス>
固まる2人
アリシア「え…………………?」
恭子「あれ…………………?」
恭子「ちょっ嘘でしょー⁉︎なんで肝心な時にかかんないのよ!」
アリシア「あーちょっとエンジンルーム見せてもらっても良いですか?」
慣れた感じでエンジンルームを見るアリシア
アリシア(エンジンルーム部分には問題ないな……だとするとバッテリー関係……いやそんな訳ないか。バッテリー関係ならまずエンジンがかかる時に何も反応しないから分かるはずだし………)
それを呆然と見てる恭子
恭子(凄いこの娘…初めて私のFD触ってるはずなのに昔から知ってるかの様に慣れた感じでチェックして行く…)
アリシア「すいません恭子さん、ちょっとタコメーターの方チェックしてみて良いですか?」
恭子「え?はい!どうぞ💦」(いきなり話しかけられたから焦った〜)
タコメーターのところにあるガソリンメーターを見て納得するアリシア
アリシア「やっぱそう言うことなぁ」
恭子「なにか分かったの?」
アリシア「このFDガソリンメーターゼロですねσ^_^;」
恭子「へ⁇て事はつまりさっき掛からなかったのは調子が悪かったとかじゃなくて………」
アリシア「はい……単なるガス欠だと思います(^◇^;)」
恭子「ガーンΣ(゚д゚lll)」
アリシア(なんかこのままほっとくのもかわいそうだな……ん?このタイヤ)
アリシア「もしかしてすけど恭子さん今日このコース結構走り込んでません?」
恭子「やっぱ分かっちゃった?」
アリシア「ええまぁタイヤの減り方が俺の車とそっくりだったので、ただこの感じだともう少し踏んであげても大丈夫だと思いますよ」
恭子「凄いね君、タイヤの減り方でそんな事まで分かっちゃうなんて、もしかしてこういうの好きなの?」
アリシア「はい‼︎」
恭子(なんて笑顔なの?凄く可愛い‼︎…ってなに変な事考えてんのよ!恭子のバカ‼︎とりあえずさっきの事謝らなきゃ💦)
恭子「せっかくバトル楽しみにしてたのにこんな事になってしまってごめんなさい…」
アリシア「仕方ないですよ!俺も走り込みに夢中になってるといつのまにかガソリン切れてるなんて良くあるしw」
恭子「なんか分かる!それで今日の私みたいな事になってるんでしょ?」
アリシア「ですwそうだ…バトルは出来ないけど良かったら俺のナビしてもらっても良いですか?本来は相方が居るんですがもう寝ちゃってσ^_^;」
恭子「私で良ければ!君の車は?」
アリシア「これです!暁月オリジンって車なんですが、この車コースに合わせていろんな車に変わるんですよー」
恭子「コースによっていろんな車⁇凄いマシンじゃない‼︎結構高かったでしょ⁉︎」
アリシア「まあもらいもんなんで(^◇^;)それでもし良かったら恭子さんのFDと同じ仕様のFDも選べるんで参考程度に暁月オリジンFD verのナビになって俺の走り見てみませんか?」
恭子「良いの⁉︎それじゃよろしくね!」
恭子(てか貰い物って💦)
アリシア「よし!このコースにもだいぶ慣れてきたぞ…これならもっと踏んでいけるな!」
恭子(凄い、ウルトラスムーズ…全く無駄な動きが無い‼︎)
タイムリザルト結果
定峰上り
2'48'377
アリシア「大体こんな感じですね!参考になりましたかねσ^_^;」
恭子「………」(信じられない……私のFDと全く変わらないFDのはずなのに私よりずっと速くこの峠の頂上に辿り着いてしまうなんて…この娘一体何者なの⁉︎)
アリシア「もしもーし、恭子さん?」
恭子「あ、ごめん💦凄いね君、こんなに運転が上手い人なんてダーリン以外で初めて見たよ!それにいろんな事分かったし今日はありがとう!」
アリシア「あ、恭子さん!」
恭子「どうしたの⁉︎」
アリシア「ガス欠じゃなかったでしたっけ?」
恭子「あ…………すっかり忘れてた〜‼︎ガーンΣ(゚д゚lll)」
アリシア「俺の走りのナビしてくれたお礼に明日うちのチームのメンテメンバーに頼んでガソリン満タンにしてあげますよ!後今日はうちの移動ガレージに泊まって行くといいですよ!いくらなんでもこんな夜道に車での移動ならともかく徒歩での移動は女の子には危なすぎますって!」
恭子「良いの⁇じゃあ今日だけよろしくね!」


次の日
恭子「ふわぁ…よく寝た、さてと私のFDの調子はと」
啓介「どれ、ちょっとFDのチェックでもしておくか」
恭子&啓介「あ」
恭子「ダダダダダダーリン⁉︎⁉︎なんでダーリンが⁉︎」
啓介(うっうるせえ……)
アリシア「おはようです(´-`).。oOみんな早いっすね〜」
恭子「ねえアリシア⁉︎どう言う事⁉︎なんでダーリンがアリシアのいるチームにいるの⁉︎」
暁月「朝から騒々しいわね…誰この娘?もしかして新しいメンバー?」
アリシア「恭子さんだよ。昨日たまたま会って暇そうだったからナビをお願いしてたんだ。それのお礼と言ってはなんだけど恭子さんのFDにガソリン入れといてくれませんか?どのみち彼女のFDガス欠なんでこれじゃ帰るに帰れないし」
史浩「そう言う事なら任せてくれ」
恭子「ちょっとアリシア!どう言う事か説明してよ⁉︎」
ティクルム「どうもこうも無いわ。だって貴女が話しかけているアリシアって娘はエモーショナルオリジンのトップだもの」
恭子「へ⁇エモーショナルオリジンてあの天の川連合に勝ったって言うあの?」
アリシア「ですσ^_^;隠すつもりは無かったんですが、なんか黙っててすいません( ̄▽ ̄;)」
ルクス「因みに補足しますと元プロDメンバー、オヤシロレーサーズ、MFGのメンバー、チームRoselia、そしてティクルム達元天の川連合のメンバーも
エモーショナルオリジンに加わってます。アリシアさんにはこのメンバーのグランドマスターを務めて頂いてます」
アリシア「改めて自己紹介しますね^_−☆エモーショナルオリジンのチームリーダーの荻原アリシアです!」
恭子(そんな凄い人だったなんて……)
その時大きな怒声が鳴り響く
⁇⁇「んなわけねーだろーが‼︎‼︎」
更新日時:2020/01/07 15:55
(作成日時:2020/01/07 15:46)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア