126

第21回オリジンチャレンジ(川井敦郎編)もみじライン上り

by
孝二
孝二


敦郎「待ってたぜ…まずはあんたのこのコースの上りをどんな風に走るのか、後ろからじっくり見させて貰う」
アリシア「分かりました。よろしくお願いします」
敦郎(向こうにとっては初めて走るコースだと言うのに…
なんなんだ⁉︎この得体の知れない威圧感は…」
暁月「どうマスター?このコースとこのGTターボにもだいぶ慣れてきた?」
アリシア「ああ!これならもっと踏んでいけそうだ‼︎一気に決めるぞ!」
川井(なにぃ⁉︎ここから更にペースを上げただとぉ⁉︎)
こうして敦郎の前から消える暁月オリジン
タイムリザルト結果
もみじライン上り
2'34'624
敦郎「一つだけ聞かせてくれないか?あんたのGTターボと俺のGTターボは全く同じ性能だったはずだ…それともそう感じていたのは俺だけで実は似てて中身が違う車だったのか?」
ルクス「それはあり得ません。暁月オリジンは貴方の車の性能を完全にコピーしてましたから」
敦郎「そんなの納得できるかよ」
アリシア「納得出来ないのも無理は無いかもですが。ルクスの言う通り敦郎さんとの車の差は全くありませんでした」
敦郎「気休めだぜ…」
アリシア「そうですね。確かに気休めに聞こえるかもしれませんが、ここで一つアドバイスすると、どのコーナーも全く同じ様に攻めてたらダメなんです。
コース全体の繋がりを考えて捨てるべきコーナーもある…それだけです。敦郎さんの車の馬力が敦郎さんの車のコピーである暁月オリジンで性能が全く違うと言うのはあり得ない…だとすると考えられる事は、敦郎さんがこの車の本当のポテンシャルを俺よりも引き出せてなかった…それだけだと思います」
敦郎「……」
敦郎(すげーな……もうどうしようもないくらいすげーや…歯が立たないって言うのはこう言う事を言うんだろうな」
その時赤いロードスターが駆け上がってきた。
⁇⁇「すまねぇ遅れちまった!あんたが敦郎の言ってたドライバーか?」
アリシア「はい?そうですが⁇」
トオル「俺はこのセブンスターリーフのダウンヒル担当の末次トオルだ」
更新日時:2020/01/06 15:24
(作成日時:2020/01/06 15:24)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア